企業情報(CP)の特徴
(投資家の皆様へ)

 
「 企業情報(CP)の特徴」のページをご覧いただき、ありがとうございます。
 
【プロの投資家向けに開発】
当初このCPは、多数の企業を調査・分析する機関投資家やアナリストの皆様が、企業情報を整理する為に開発されたツールです。
CPを記入することで、企業情報をスピーディーに整理でき、理解度を高めることができること、ならびに短信や有価証券報告書等、多くのIR関連資料を持ち歩く必要がなくなり、機関投資家の皆様には好評を博しました。
 
【企業自身が活用】
その後、機関投資家が活用していたCPを、企業自ら記入し決算時説明会や投資家リスト先に配布したところ、今度は投資家から「企業の事実情報がA3用紙1枚にまとめられており、企業をすぐに理解できる。事前にCPを読むことで企業と中身の濃いミーティングができる。」と、好評を博しました。CPを活用する企業の認知度は高まり、企業価値向上に貢献することができています。
 
【個人投資家の皆様が活用】
昨今、個人投資家の増加はめざましく、
個人投資家の方にもこのCPを活用していただき、「深い企業理解」の上に投資を行って頂きたいと考えています。
投資家の皆様は、このCPを記入することで、多種多様な企業情報をしっかりと整理できます。また、すべてのCPはフォーマットが統一していることから、競合他社との比較も容易で、投資判断の助けとなります。
更に、CPは日本最大級の企業情報サイト「VigDug(ビグダグ)」に掲載される他、知り合いや友人に企業を紹介する際、一斉メール送信で複数の方に同時に送ることができ、情報共有が容易になります。
 
 
それでは、企業情報(CP)の特徴を見ていきます。
CPの特徴は、投資家の皆様が、いつでも企業情報を記入し、すぐにインターネット上に公開できることです。
公開されたCPは、日本最大級の企業情報サイト「VigDug(ビグダグ)」上に掲載されるので、投資家はいつでも、どこからでも最新の企業情報(CP)を確認できることになります。もちろん、リンクをはることで、CPをブログやフェイスブック、ツイッターなどのSNSから直接閲覧することも可能です。
 
また、ニュースリリースや開示情報が記載されたCPを、知り合いや友人に対しメッセージ付きで一斉に送る一斉メール配信機能や、
企業との双方向コミュニケーションの場となるご意見ボード機能も大きな特徴と言えます。
 
それでは企業情報(CP)をより細かく見てみましょう。
企業情報(CP)のまず最初の一列は、ロゴマーク、企業名、市場、証券コード、更新日。ロゴマークは、企業の顔であり、企業情報(CP)の左上に配置され、視覚的に企業とブランドイメージを融合させる効果があります。
 
【3つの最重要項目】
最も重要な3つの項目、ポイント注目点トピックス
この3つの項目は、最初に投資家の注目を得られるかどうかを決定づける最重要項目です。この3項目が投資家の目に止まらなければ、その下の項目には進んでもらえず投資もされないと言っても過言ではありません。それぐらい重要な項目です。
 
【13の必須項目】
3つの最重要項目に続き、13の必須記入項目が並んでいます。これら13の必須項目は、投資家が企業を理解する際のロジック(下記:投資家の企業認知と理解、その行動パターン)に基づき、上から順に配列されています。
13の必須項目は、事業内容(ビジネスモデル)、業績・セグメント情報、特色、強み、直近実績、戦略、業界の動向、リスクファクター、企業理念、沿革、基本情報、業績の推移、財務・CF情報。投資家が必要とする様々な企業のIR情報を文字数の制限なく記入することができます。
 
【文字の強調】
強調したい文字や文章には、色を付けたり、拡大することができます。
 
【外部リンク】
記入された文字や文章は、外部のWebサイトやクラウド上のPDFに直接リンクをはることも可能です。
 
【投資家の企業認知と理解、その行動パターン】
3つの最重要項目と13の必須項目、その配列は、C&A Investment Research(C&AIR::シー・アンド・エアー)により長年研究されてきた『投資家の企業認知と理解、その行動パターン』の研究結果に基づいています。
 
【リンクボタン】
企業情報フォーマットの下部には、画期的な【リンクボタン】機能があります。このリンクボタン機能のおかげで、投資家はわざわざ企業のホームページにある投資家情報ページから資料を探し出す必要がなくなりました。
用意されている【リンクボタン】は、インタビュー」ボタン3つ、「レポート」ボタン、説明会をリアルタイムで観る際の「ライブ」ボタン、「IR資料」ボタン、「直近の決算短信」ボタンです。
 
また、投資家が企業にメールで問い合わせができる様、お問い合わせメールボタンや、都度電話番号を押さなくてもすぐに企業に問い合わせの電話がかけられる様「電話」ボタンもついています。
もちろん、その他の情報や資料などをホームページですぐに確認できる様に「ホームページ」ボタンもついています。
 
【説明会応募機能】
画期的な機能として、上から順に企業情報(CP)を読み、興味を持った投資家が、その場で会社説明会の参加申し込みができる「説明会」ボタンがついており、参加者の増加につながっています。
 
【QRコード】
CPには「QRコード」も装着することできます。CPの右下に位置するQRコードをスマートフォンに読み込ませるだけで、企業のHPやCPへダイレクトに誘導が可能となります。
 
【一斉メール配信機能】
企業の皆様は、「一斉メール配信機能」により、企業情報(CP)にメッセージを添えて、複数の相手先(配信数無制限)に一斉にメール送信することができます。これは企業情報(CP)を更新の都度、投資家にメールする時や、決算説明会のご案内を送る際にとても便利な機能です。
 
【下書き保存と更新前のプレビュー機能】
CPの記入者にとって親切な機能が「下書き保存」と「更新前のプレビュー」機能です。CPの下書きを何度でも保存できるので、記入できる項目から、時間をかけて、じっくりと、納得いくまでCPを作成することができます。また、「更新前のプレビュー」機能で、公開前のCPを確認(チェック)できるので、完成度の高いCPを公開することができます。
 
【ご意見ボード機能】
CPの下部には「CPを評価」するボタンがついており、投資家は5つの項目(①内容が充実している②情報が新しい③見やすい④読みやすい⑤企業の姿勢がよくわかる)についてCPを3段階評価することができます。
また5つの評価に加え、投資家はCPの上に位置する「ご意見ボード」に質問や要望を記入することができます。ご意見ボードには【質問】ごとに【回答】が表示されるので、他の投資家にも大いに役立っています。
 
企業情報(CP)は、『投資家の企業認知と理解、その行動パターン』の研究結果をベースに、閲覧者ならびに企業の皆様双方にとって、「便利で親切、使いやすさ」をキーワードにデザインされた、革新的で画期的な企業情報プラットフォームです。
 
ぜひ、ご活用ください。
 
 
 
→ 【記入者登録】のお申し込みはこちら
 
→ 企業情報サイト「VigDug(ビグダグ)」に戻る